福祉住環境コーディネーターとは何?

高齢者や障害者になった方の家庭を住みやすいように
設計からリフォームといったあらゆる相談に応じます


福祉、医療、建築、保険、住宅構造、福祉用具など
いろいろな知識を持っていて、各分野の専門家の橋渡し的存在です

介護が必要な人やまた、その家族の個々のニーズに応えるべく
住宅の改造や整備を提案していきます


福祉住環境コーディネーターとは、各専門分野の意見を聞いて
まとめていかなくてはいけませんから、リーダー的役割も
担いますし、だからといって独善的では、専門家の視点があり
専門の判断が必要な場合もありますので、サポートにまわることにもなります


そのため、スポーツで例えると個人競技ではなく団体競技といった
感じでしょうか?それぞれ違う能力と役割を持っているメンバーと協力して
自分はどう動くのか、常に考えながら行動して判断していかないといけません


野球でいうところのキャチャーですし、サッカーでいうところの司令塔
アメフトではクォーターバックといったところでしょうか


それぞれの専門家がいて意見を言いあうわけですから、中立な立ち場に立って
調整していくわけです。冷静な判断力も必要になってきますね

関連エントリー

・福祉住環境コーディネーターとは何?
・どんな資質が必要なのか?
・資格について
・仕事内容について
・資格を生かす職場
・行政や相談機関で生かす
・収入はどれぐらい?
・ちらし配りの短期アルバイト経験

初心者でも簡単に出来るバーチャルオフィスのやり方とは?