行政や相談機関で生かす

何も現場だけが、福祉住環境コーディネーターの仕事ではなく
行政や相談機関に身をおいて地域住民の悩みの相談に乗ることも
福祉住環境コーディネーターの重要な役割を果たすことができますね


在宅介護支援センターが24時間相談に乗れるよう設置されていますし
市町村以外にも社会福祉協議会、福祉施設、病院などが運営して
在宅介護の相談を聞いたり、福祉用具の使用方法を教えてたり
公的サービスについて情報を提供していきます


高齢者総合相談センターでは、都道府県が設置していて高齢者や障害者と
その家族の相談を受けれるようにしています


介護実習・普及センターは、介護知識、技術の普及促進を目的としています
介護者や家族に介護の知識や技術を提供してり、福祉用具や住宅改造の
相談に乗って、アドバイスをします


市町村の福祉課や介護保険課に勤務している職員などでも
福祉住環境コーディネーターの資格を持っている人なら相談窓口に
なれるでしょう

関連エントリー

・福祉住環境コーディネーターとは何?
・どんな資質が必要なのか?
・資格について
・仕事内容について
・資格を生かす職場
・行政や相談機関で生かす
・収入はどれぐらい?
・ちらし配りの短期アルバイト経験