どんな分野で働く人がFJCを目指す

既に、福祉・建築・医療のいずれかの分野で働いている人なら
福祉住環境コーディネーター(FJC)の知識を身につければ
仕事の幅を広げられ、住環境整備についてのことも提供できますね


自分のもっている専門のことと、住環境整備についてのことを
アドバイスなどが出来れば、利用する人に喜んでもらい、満足度も
大きいものになり信用や信頼を得れるでしょう


場合によっては、福祉住環境整備に関係が結びつかないことも
出てくるでしょうから、具体的にどうなりたいかを考えておいて
福祉住環境コーディネーターの資格が、生かせれるように
今のままの仕事でいいのか?また、方向性を確認しておく必要はあります


福祉住環境コーディネーターの資格を生かしたいのであれば、
福祉・医療分野の人なら、病院などよりは訪問介護や訪問看護、リハビリに
建築分野の人なら、リフォームや注文住宅などを手がける建設会社や建築事務所、
工務店で、他には、福祉用具を扱う所で働くほうが生かす機会が多いと思います


また、試験対策としては専門のことが福祉、医療、建築とそれぞれ均等に
出題されますが、専門でやっている人は、それぞれの分野については
基礎知識が備わっているでしょうが、だからといって油断はできませんね

なぜなら、福祉住環境整備の視点から知識が、必要となります


もちろん、専門外のことについては、基本的な内容であってもしっかり
勉強しないと難しいと思いますね


福祉なら福祉用具や介護保険制度のことが出ますし、
建築なら住宅のことや室内の各所改修手法、建築法規が問われますし
医療では代表的な疾患のことについてや運動、視覚、聴覚などの機能障害
の特性と住環境整備の関係が問われます


仕事に生かすためなら、最初から2級を目指して受験するべきですね
2級を取っておけば、より生かせれるでしょうし1級も視野に入れておけますね


現場経験のある人が、合格する率は高いようです

関連エントリー

・福祉住環境コーディネーター検定試験(FJC)
・(FJC)検定試験の手順
・検定の出題と合格率
・【3級】福祉住環境コーディネーター検定
・【2級】福祉住環境コーディネーター検定
・【1級】福祉住環境コーディネーター検定
・どんな分野で働く人がFJCを目指す
・知識がなくてもFJCを目指す