福祉住環境コーディネーター検定試験(FJC)

福祉住環境コーディネーターには、1級、2級、3級とあります
検定試験は年に2回5〜7月の間のいずれかと11月に行われています


3、2級の試験は年に2回ですが、1級は年に1回行われます
3級でも2級でもどちらでも受験できます
3級がないと2級が受けれないということはありませんね


1999年から3級の試験が始まり、2000年から2級の試験が
始まっています。そして、1級も2002年からスタートしています


受験資格は、特にありませんので、誰でも受験できます
年齢、学歴、性別、国籍など不問ですね


受験者のほとんどが、福祉関係、医療関係、建築関係の携わっている人に
なります。でも、学生から主婦に至るまで幅広い人が受験しています

3級、2級どちらからでも受けることができますし、3級2級とも
同時に受験することもできますね

受験者数は、3級で3万人以上で、2級が4万人以上でしょうか
現在は、もっと増えているかもしれません

年齢層は、10代〜80代と幅広いので、ほんと誰でもですね

関連エントリー

・福祉住環境コーディネーター検定試験(FJC)
・(FJC)検定試験の手順
・検定の出題と合格率
・【3級】福祉住環境コーディネーター検定
・【2級】福祉住環境コーディネーター検定
・【1級】福祉住環境コーディネーター検定
・どんな分野で働く人がFJCを目指す
・知識がなくてもFJCを目指す