【3級】福祉住環境コーディネーター検定

第1分野/福祉と住環境との連携

1、高齢社会と住環境整備
2、福祉住環境コーディネーターの役割と活動の場
3、社会福祉と住環境整備の考え方
4、高齢者の心身の機能と特性
5、高齢者介護のあり方
6、高齢者に対する諸関連施策とサービス
7、関連専門職への理解と連携

第2分野/福祉住環境の整備に必要な理論と実践

1、福祉住環境整備の進め方
2、福祉住環境整備の基礎知識
3、福祉住環境整備の基本技術
4、部屋別・場所別福祉住環境整備の仕方
5、福祉用具の活用と住環境
6、福祉住環境整備の疾患・障害別応用技術

一般教養レベル

福祉と住環境の関連分野の基礎知識を理解します
住環境が安全で安心して暮らせるか、高齢者の身体の特徴、
疾患の病状に必要な介護、福祉、建築、医療
福祉用具の全般的な基礎知識を理解します


介護保険などの福祉制度、福祉住環境コーディネーターの
社会的役割を理解します


QOLの向上、介護者の介助力を軽減するための住宅改修の
基本的方向性を理解します

関連エントリー

・福祉住環境コーディネーター検定試験(FJC)
・(FJC)検定試験の手順
・検定の出題と合格率
・【3級】福祉住環境コーディネーター検定
・【2級】福祉住環境コーディネーター検定
・【1級】福祉住環境コーディネーター検定
・どんな分野で働く人がFJCを目指す
・知識がなくてもFJCを目指す