【2級】福祉住環境コーディネーター検定


 1、住環境整備の意義
 2、住環境における福祉の考え方
 3、福祉住環境コーディネーターの役割と機能
 4、住環境整備関連職への理解と連携
 5、福祉住環境整備相談の受け方・対応の仕方
 6、高齢者や障害者に対する住生活関連諸施策
 7、高齢者や障害者の疾患と障害特性
 8、介護と住環境整備
 9、福祉住環境整備の実践的考え方
10、福祉住環境整備の共通基本技術
11、部屋別・場所別福祉住環境整備の手法
12、福祉住環境整備実践のための住宅に必要な基本知識
13、福祉用具の基本性能
14、福祉用具の具体的な活用
15、福祉住環境コーディネーター事例


実務に生かせれるレベル

3級での福祉、住環境の知識を実務に生かし、更に幅広い知識を
身につけていきます。また、各専門分野と連携して具体的に
解決策を提案できる能力が必要となります


基本知識から介護、福祉、建築、医療、福祉用具の専門知識を
身につけて、適用できるところまで深く理解しないといけませんね


福祉住環境に関してのいろいろな問題点をみつけ福祉制度、建築の対応
福祉用具の対応、要介護者のニーズと費用に応じた対応など、総合的に
考え提案できる知識と技能が必要とされます


2級は、3級レベルの基礎知識と専門知識があり、仕事に生かせれるだけの
住環境整備の実践力が必要ですね


2級の資格を持っていると、実践的な知識を持っているので
介護保険の申請書類を書くことができるので、住宅改修をする
現場で非常に重要な役割になります

関連エントリー

・福祉住環境コーディネーター検定試験(FJC)
・(FJC)検定試験の手順
・検定の出題と合格率
・【3級】福祉住環境コーディネーター検定
・【2級】福祉住環境コーディネーター検定
・【1級】福祉住環境コーディネーター検定
・どんな分野で働く人がFJCを目指す
・知識がなくてもFJCを目指す