【1級】福祉住環境コーディネーター検定


 1、福祉住環境と福祉住環境コーディネーター1級の役割
 2、高齢者福祉の条件と高齢者ケア
 3、障害者福祉の条件と障害者ケア
 4、高齢者・障害者向け住宅と要介護者向け施設整備
 5、福祉コミュニティづくり
 6、福祉のまちづくり
 7、建築図面と伝達手段
 8、高齢者・障害者にやさしい新築住宅の基本計画と技術
 9、実践事例
10、2・3級の全範囲


現場経験レベル
3,2級の知識をもとに、住宅改修や新築、快適で安全なまちづくり
など、幅広く活動できる能力

個人の住まいだけでなく日常生活における全般、福祉施設、建築など
住関連施設、公共施設も入れた住環境整備の知識と技能有します


地域社会にコーディネーターできる技能力、福祉のまちづくりに
助言できる技能と調整力も必要です

関連エントリー

・福祉住環境コーディネーター検定試験(FJC)
・(FJC)検定試験の手順
・検定の出題と合格率
・【3級】福祉住環境コーディネーター検定
・【2級】福祉住環境コーディネーター検定
・【1級】福祉住環境コーディネーター検定
・どんな分野で働く人がFJCを目指す
・知識がなくてもFJCを目指す