ニーズはあるのか?

福祉住環境コーディネーターの肩書きで仕事をして、
収入を得ている人はいません。


福祉住環境コーディネーターは、職業としては確立されていませんが
高齢化が進んでいるので、安全、安心、快適に暮らせるようにと
社会的ニーズは高まっています


そのために行政などは、福祉住環境コーディネーター(FJC)を
活用しようと動いています


今のところは、福祉や建築、医療関係の専門化が仕事の幅を広げるために
福祉住環境コーディネーターの知識を身につけていることがほとんどですが


その知識は、生活に役立ちますし介護が必要になったときに安心です
悪徳業者による被害も未然に防いで、被害に遭うこともないでしょう


自分達の安全は自分達で守れます

関連エントリー

・ニーズはあるのか?
・人材育成
・役割を知ろう!
・日本の家は問題点だらけ
・事故の事例
・住宅改修の理由書とは