人材育成

検定制度が東京商工会議所によって行われるようになって
専門学校などは、社会福祉系の学校で福祉住環境コーディネーター
養成コースが設置されてきました


会社も福祉を専門とした住宅の改造、設計を行い高齢者や障害者のために
設立してきているので、これから益々、福祉や医療分野の幅広い
知識や理解している建築士や建築関係の人たちが増えていくことですし
期待もおおいにされるでしょう


検定合格者が、福祉住環境コーディネーター協会を立ち上げて
検定試験のためのセミナーも開いています


全国各地の商工会議所に行けば、受験対策のセミナーは行われています
受験を考えている人は、近くの商工会議所に問い合わせてみて下さい


福祉住環境コーディネーターにとって重要なこと
「相手の立場に立って」です

常に、相手の立場にたって考えてあげれることに尽きると思います


福祉住環境コーディネーターは、個々の住宅だけでなく地域の
環境から日常まで携わっていくでしょうから、相手の立場に
立って対処していくことが要求されますね

関連エントリー

・ニーズはあるのか?
・人材育成
・役割を知ろう!
・日本の家は問題点だらけ
・事故の事例
・住宅改修の理由書とは