計算技術検定一級

"この資格は高校生の時に取得しました。
私は完全な理系だったので、この資格を取れば計算速度が速くなると思い取得しようと思いました。
この検定は、電卓を使っていい検定なのですがその分数字を打ち込む量が半端ではなく考え込む時間がほとんどありませんでした。
そして、一級ということもあり他の人も手を付けようとせず、受けたのは自分一人だけでした。
しかし、難しかったぶんやりがいもあり積極的に勉強でき、一級を取る前に3、2級と取得していることもあり一発合格することができました。
他にも数学検定や情報技術検定とさまざまな資格を取得しましたが、この検定が一番難しかったです。
そして今現在、物理学系を専攻して勉強してますが、計算式の長いものを計算する際に大いに役立っています。
ただ、計算速度が速くなったという実感はありません。大雑把にいえば電卓でのさまざまな機能を知っているということです。
関係ないことかもしれませんが、電卓を打つ際キーを見ずに打っていたので、指の届く範囲が体にインプットされているので、ブラインドタッチを習得するのが楽でした。


"

関連エントリー

・面接は難しい。
・今時の若者に驚く事。
・母の体調も私の体調も悪いです
・介護の心配
・祖母の介護をしている私の母
・若手と中堅社員のいざこざ
・理不尽なマネージャー
・仕事の出来ない同僚と私
・女だらけの職場にはうんざり
・営業中の上司とのトラブル
・居酒屋のアルバイトで店長とのトラブル
・会社の付き合いと家族とのバランス
・女性営業マンとお客様からのお誘い
・本当に上がるのか消費税
・来年の消費税増税前に。
・今後取得したい資格野菜ソムリエについて
・私の取得した資格
・建設系の資格を持っている
・見えないところで役に立つ色彩検定
・ビジネスにおけるリーダーの本
・建設業関係の資格持っています
・日商簿記は便利
・ホームヘルパー二級資格
・計算技術検定一級