メリットばかりではない英語を社内公用語にする会社

" 私はビジネスで通用する英語力を身につけることは大切だと思いますが、社内公用語を英語にするのはやり過ぎだと思います。
社内には、必ずしも仕事で英語を使う人ばかりがいる訳ではありません。
やりたいことがあって会社に入ったのに、苦手な英語で毎日のコミュニケーションで苦しい思いをするのは辛いことです。
仕事の内容なので、間違いがあったり相手に正しく伝わらないのは困ります。
中には、英語が苦手でわからないことがあっても気軽に聞くことができず、わからないことをそのままにしたり自分で無理して解決しようとする人が増えるかもしれません。
入社の条件として、TOEICが高得点だということを挙げている会社もあります。
英語を社内公用語にしている会社に入りたいという人の中には、英語が苦手でもその業種や職種で活躍できる人材もいるかもしれません。
そのような人材を、英語を社内公用語にしているという理由だけで逃すのは、会社にとってももったいないことだと思います。
英語を社内公用語にするのは、ビジネスで英語を使うような部署だけで良いのではないでしょうか。"

関連エントリー

・不安定だが、時間が取れる
・翻訳をしてみたい
・シフト制で働いています
・メリットばかりではない英語を社内公用語にする会社
・輝く職業